人気ブログランキング |

c0210433_23315853.jpg


この写真は「おのれナポレオン」の公演会場の東京芸術劇場です。
新しくなったところだそうです。すごく明るく広々として素敵な建物でした。
エスカレーターに乗って2階に到着すると、そこが入り口です。

21日の10時頃には30人近くの方が当日券を求めて並んでいらっしゃいました。男の方も多かったです。
会場のお隣にあるイタリアンレストランでお友達とランチしました。

c0210433_23384431.jpg こちらは会場の模型です。ステージは奥行きが長く、客席に向かって低くなっている舞台です。
その舞台を三方から囲むように客席がしつらえてあります。
ステージ席は上手と下手に階段状になっています。そして正面はサイドの席は舞台を抱え込むようになっています。10列目くらいからは両サイドは桟敷席のようになっていてクラシックな感じがします。こじんまりした感じの会場です。

1日目は下手で左側の通路の近くだったので役者さんが通っていく時横顔をしっかり観察出来てGOOD!でした。特に天海さんの横顔が凛として素敵でした。やんちゃな野田さんも間近で拝見できましたし。
そうそう、天海さんで思い出しましたが、ナポレオンにマッサージとピアノの演奏と同時にリクすとされたアルヴィーヌがナポレオンの休むベッドとピアノの位置を目で測りながら足をどうやって延ばそうかと足を広げて・・・のシーンの面白さは、、、これって天海さんだよねぇ?って意外に思いながらも大笑いでした。この時の天海さん、すっごく可愛い!

問題は2日目でした。 ステージ席だったんですよ。それも下手の1列目・・・それも一番手前。
そう、ロウ提督に本を「預かって」と手渡され、その後「いつまで持ってんだよ」と取り上げられるあの席です。
前日、席の案内図を見てなかったので確信は無かったのですが、ひょっとして?って怖かった。
膝の上に預かったあの本・・・表紙には「A HISTORY of CHESS」って。
つまりナポレオンとチェスの試合をする前に彼もチェスが好きなのでと言いたかったのでしょうが、誰も分かんないですよねぇ。

無事に本はお返ししたのですが、その後今井さんと内野さんがステージ席のあの階段に座られるんですよね、何回も。残念なことに私の席からはお顔が見えない・・・う~~ん残念。(贅沢ですかねぇ) 舞台をはけて階段に座っていたり立ち上がったりしている今井さんと内野さんはすごく凛として真っ直ぐに舞台に視線を向けていらしてむちゃくちゃ素敵でした。

そんな時、舞台でナポレオン暗殺に必死になっているモントロン夫妻に大爆笑した拍子に、なんと膝の上に置いてあったパンフレットが内野さんの目の前にドサッと・・・落ちちゃったんですぅ。

写真見ていただくと判ると思いますが、段があって手を伸ばしたくらいでは届かない、届かない!
芝居の邪魔になりそうだし、立ち上がって取りに行くわけにもいかず、困ったなぁとチラチラ見てたら・・・拾っていただきました。本当に有難うございました。

結局、ナポレオンの死に関わった6人は、チェスの駒としてナポレオンに動かされたと言うことなんでしょうか。
いろいろ突っ込みどころも満載の舞台で、なんとも幸せな2日間でした。
by yamazaki_1718 | 2013-04-24 23:47 | 内野さん | Comments(2)

「おのれナポレオン」

待ちに待った「おのれナポレオン」、東京まで出かけて20日のソワレ、21日のマチネを観劇して帰ってきました。

では感想を・・・簡単になるのか長文になるのか・・・

作・演出   三谷幸喜

キャスト  ナポレオン・ボナパルト   ・・・・・野田秀樹
      アルヴィーヌ・モントロン  ・・・・・天海祐希
      シャルル・モントロン    ・・・・・山本耕史
      マルシャ          ・・・・・浅利陽介
      アントンマルキ       ・・・・・今井朋彦
      ハドソン・ロウ       ・・・・・内野聖陽

お話は現在でもはっきりと解明されていないナポレオンの死についての謎を解き明かそうとするミステリーです。

1815年、セントヘレナに幽閉されていたナポレオンは6年後の1821年にこの世を去った。
ナポレオンを看取った人たちはパリでその後の人生を送っていたが一人の男がナポレオンの死因について一人一人を訪ねていた。

そして5人の独白から死の謎が少しずつ明らかになり始めるんですが・・・何度もドンデン返しが待っていたのです。

先ず、ナポレオンを演じた野田さん。初めてその姿を拝見したのです、最初の登場の時からもうすっかり魅入られ状態です。甲高い声に飛び跳ねるような動き。子どものように喋っているかと思うとすぐに指揮官としての威厳ある喋りに。セリフを喋っているかと思うとアドリブなの??って感じでその境目が判らない変わり身の早いセリフに圧倒されました。

ナポレオンの一日を天海さんの語りで浅利君と二人で走ったり乗馬したり腹筋したりあつ~~いお風呂に入ったりの場面では、もう客席は笑いの渦でした。もっとも野田さんの足を抑えてる浅利さんも噴き出してましたけど・・・とにかく舞台狭しと動き回って笑わせてくれました。

紅一点の天海さんはちょっとあばずれで浮気な女。騙すつもりが本気でナポレオンを愛してしまった女性を強くそして哀しく演じています。
野田さんとの身長差が笑いの要因の一つにもなっていて、ナポレオンに「デカすぎる!」と言われた途端の「あっちが小さすぎるのよねぇ?」といじける様は最高でした。

その天海さんの夫でありながら、妻にナポレオンを誘惑させる面倒な役なのですが、それ以外にも子供の頃からナポレオンに対する愛憎が半ばで一層複雑な内面を秘めていて・・・なかなか大変な役でした。TVで見るより舞台で観る方がずっといいですね。
途中、ギターの腕前を披露してくれるのはサービスでしょうか。

ナポレオンを取り巻く人たちの中では静かな雰囲気を持つ今井さん。すごく声のいい方ですね。
グッと抑えた演技の様なのにちゃんと存在感を示していて・・・
余り笑わせ処が無い役でしたがホモを疑われた時の慌てぶりは笑えました。

そしていつもナポレオンにつき従っている召使役の浅利くん。
激しく動き回るナポレオンについて動くのでかなりハードな役ですね。
一度だけ椅子に座る場面があるのですが、すごく息が上がっているみたいで休憩できたのかしら。
最後に会計事務所に勤めているときの恰好が・・・大きなメガネに七三分けの髪形・・・で、これって三谷さんをまねたのかしら。

最後に、セントヘレナの総督・ハドソン・ロウを演じる内野さん、登場したのは老齢の姿。それもナポレオンの死後本国で地位と名誉を失いパリで失意の日々を過ごしていた。
ガウンを着ていた老齢の総督がゆっくりとガウンを脱ぐと、そこには意気揚々とした壮年の提督が軍服姿で登場です。「モンテ・クリスト伯」を思わせる立ち姿です。これもまたセントヘレナに送られたナポレオンが絡んでましたね。
上着の左袖の返しからハンカチを出して汗を拭く・・・内野さんらしい設定です。
上り詰めたナポレオンを押さえつけて勝利の美酒を味わいたいのに思うに任せずナポレオンに軽くあしらわれてしまう。ナポレオンへのコンプレックスでいじめてしまう・・・のですが、さほどいじめてる様には・・・
若かった総督が再びガウンを纏うと、肩が落ち背中が丸まり膝が緩み・・・後姿での老人への早変わりは見事でした。

ナポレオンの死の原因を追うミステリーですが、お笑いが満載。謎解きとそのドンデン返しの面白さ、スピード感に加えての笑い。最高に面白かったです。

時間がありすぎて鍛えまくったナポレオン、首を絞められてもブロンズで頭を殴打されても立ち上がる・・・もう笑えて笑えて・・・

久々に思いっきり楽しめた舞台でした。  もう1,2回観たかったです。    
by yamazaki_1718 | 2013-04-23 22:42 | 内野さん | Comments(2)

無事に帰宅

10時過ぎに無事に帰宅しました。

久しぶりに舞台を堪能できた満足感に浸って帰ってきました。

昨夜と今日、お付き合いいただいた皆様、ありがとうございました。

そして残念ながらご一緒できなかった皆様、是非次回は・・・

感想は後日ゆっくりと、じっくりと。
by yamazaki_1718 | 2013-04-21 22:46 | 内野さん | Comments(6)

東京に来ています

東京遠征しています。
お昼から出てきて「おのれナポレオン」の夜公演を楽しみ、お友達とお喋りして2倍楽しみました。
明日もう一度観劇して帰ります。
舞台?面白かったです!!あと一度しか観れないなんて残念。
by yamazaki_1718 | 2013-04-20 23:55 | Comments(0)

大丈夫です!

ご心配頂きましたが、地震は大丈夫でした!

5時33分 揺れで目が覚めて・・・「結構揺れてるねぇ」「でも今回はさくらが飛び起きなかったわねぇ」「今何時?」「5時30分過ぎ」「起きるには早いなぁ」

ってことで二度寝してしまいました。

関西地区の方、大丈夫でしたか?

最近、地震が多いのでいや~~な感じですね。
by yamazaki_1718 | 2013-04-13 22:32 | 日常 | Comments(2)

「女信長」

やっと「女信長」を見終わりました。

元々、男女が逆転するお話は嫌いなので、普通だったらパスするドラマなのですが・・・

内野さんがご出演では見ないわけにはいかないですよねぇ。

感想は、「歴史ドラマの名を借りた恋愛ドラマ」ですかしら。

それにしてもイケメンが勢揃いでキャストはすごかったですね。でも伊勢谷さんが秀吉とは。

内野さん、おじさんになったなぁとしみじみ感じたドラマでした。m(__)m
by yamazaki_1718 | 2013-04-12 23:07 | 内野さん | Comments(0)

惨憺たる花見でした

いや~~ 昨日の花見は散々でした。

簡単に一日を紹介しますと・・・

朝7:30に我が家を出発。いいお天気でした。岡山インターから高速に乗り北房まで。
高速を降りる頃から雲行きがおかしくなり小雨が。
でも醍醐桜のところに着いたころには何とか雨も上がって・・・まずはカタクリの花を見学。
c0210433_2237788.jpg
雨に濡れて下を向いちゃってるのがざんねんです。可憐な花です。

そこから少し坂を上っていくと醍醐桜です。ちょっと散り始めていて少しさみしかったです。雨のせいかしらね。

これなら新庄の「がいせん桜」はバッチリかもよと車を走らせて、時間があるから美甘の川沿いの桜も見て行こうと・・・美甘に近づくにつれて雨が雪に変わって・・・

新庄の道の駅について・・・なんと吹雪!「がいせん桜」はまだまだ蕾で見るどころではありませんでした。冬タイヤではないのでヤバいので早々に帰ることに。

美甘から山を越えて湯原温泉に。まずひまわり館でお昼にお蕎麦を頂いて露天風呂に入って温まってから帰途へ。

湯原はもう雪ではなくて雨でした。
どうせなら旭川湖畔の道を桜を眺めながら走ろうと・・・
c0210433_2252254.jpg
で、その途中で立ち寄ったのが、「三休公園」です。
小高い山へぐるぐる回ってついた処はさくらとつつじの咲き誇る頂でした。
今年はさくらがいまいちだったとか。
でも見晴らしもすばらしくまた来てみたいですね。

雨と雪に祟られた今年のお花見でしたが、次は鶴山公園の桜を見に行きたいですね。
by yamazaki_1718 | 2013-04-12 22:58 | 日常 | Comments(2)

雪が・・・

c0210433_1017135.jpg

今、美甘村を走ってますが・・・雪景色です。吹雪いてます!
by yamazaki_1718 | 2013-04-11 10:17 | Comments(0)

醍醐桜

c0210433_9311819.jpg

小雨の中醍醐桜を鑑賞。散りかけていましたが、結構な人出です。晴れてたら綺麗だったのに残念。
by yamazaki_1718 | 2013-04-11 09:31 | Comments(0)

お花見にGO!

早朝7:30に我が家を出発して県北の桜を見に走って、今、落合の醍醐桜を目指しています。が、小雨が・・・
by yamazaki_1718 | 2013-04-11 08:44 | Comments(0)