人気ブログランキング |

柔道とジュードー

柔道は数年前から見ていて面白くなくなりましたねぇ。

柔道とジュードーの差なのでしょうが、組み合うのを嫌がる試合を観ているとイライラしてきます。

本来柔道って「柔の道」ってことでもっと相手を尊ぶ武道の進むべき道があるはずだと思うのですが・・・

先ほど見た試合での判定ミスといい、もっと審判の育成が急務ではないでしょうか。
by yamazaki_1718 | 2012-07-29 21:49 | スポーツ | Comments(0)

五輪観戦

暑い!本当に暑い! 九州のお友達が『亜熱帯地区になったみたい』って言ってたんですが、納得してしまう暑さで参ってしまいます。

で、今日は朝からTVで五輪観戦に徹しています。もちろんクーラーをつけてです。

もう無しでは暮らせない程の暑さですもの。連日の36℃ってどうなってるのよ?って感じです。

始まったばかりですが、体操の内村くん・・・めげないで頑張ってほしいわ。

なでしこは勿論ですが泳いでる私としては競泳陣に大注目なので目が離せませんが・・・深夜と早朝って無理なので録画に頼っています。

開会式も先ほどやっとみ終えたところです。
by yamazaki_1718 | 2012-07-29 11:03 | スポーツ | Comments(0)

感動!背番号31!

今朝、情報番組を眺めていたら「イチロー、電撃移籍!」のニュースが・・・

ヤンキーズにトレードで移籍と言うことで記者会見の模様が流れました。

そして昼休憩の時に、シアトルでヤンキーズとマリナーズの対戦が・・・

イチローは8番ライトで先発登場です。ユニフォーム姿に違和感はまるで無かったのですが背番号は、「31」でした。

そして第一打席。打席に立つイチローにシアトルのファンがスタンディングオベーションです。

その観客に対して、イチローは帽子を取って何度も頭を下げました。

ヤンキーズでの初打席は・・・ヒット!  さすが、イチローです。
by yamazaki_1718 | 2012-07-24 22:40 | スポーツ | Comments(0)

明智光秀!

年末の時代劇「女信長」に内野さんが出演!

なんと明智光秀役ですって。  なんか意外です。

「女信長」ってどこかで聞いたけど??って思ってたら・・・お友達のサイトに書いてあったのを読んだんでした・・・

舞台「女信長」は黒木メイサが信長であっきーこと中川晃教(くん)が明智だったんですね。

ドラマでは信長に天海祐希・・・メチャ男前だなぁ。当時の黒木メイサも男前っぽかったなぁ。

どんな話か分からないんですが、まぁ、信長が女だったって話なのよねぇ。それくらいは題名から想像できますしね。
そういえば同じ題名の単行本が本屋の店頭に平積みされてましたっけ。

どんな明智光秀を作り出してくれるのか、楽しみです。
by yamazaki_1718 | 2012-07-22 22:06 | 内野さん | Comments(0)

劇団四季「赤毛のアン」

先輩が妹さんが行けなくなったのでと誘って下さったのが、劇団四季のミュージカル「赤毛のアン」。

今夜観てきました。

「赤毛のアン」は子供の頃読んだのですが、そんなに好きではなかったのであまり詳しくは無いのですが・・・

観てるうちにいろいろ思い出して楽しんで来ました。

歌とダンスは素晴らしかったのですが、セリフ回しがえらく四角四面でなんでかなぁと思っていたら小さい子供さんの為に判り易いようにセリフを言ってたんだなぁと途中で気づきました。

何しろ会場は満員のお客さんで、その中に小学生くらいのお子さんがとっても多く、上演中にもあちこちで嬉しそうな声が上がっていました。

夏休みに入って子供さん向けのミュージカルだったんだなぁと・・・でも結構楽しんで来ました。

原作を久しぶりに読んでみようかなぁ。どっちかと言うと子供の頃「谷間の白百合」(たぶんそんな題名だったと思うのですが)の方が大好きだったんですよね。
by yamazaki_1718 | 2012-07-22 00:07 | 舞台 | Comments(0)

面白くて楽しい方でした

昨夜は7時から、岡山市民劇場9月例会「カミサマも恋」を演出されている丹野郁弓さんをお迎えしての・・・「魅力に迫る会」が開催されました。

丹野さんは今回の「カミサマの恋」の主役を張る奈良岡さんの姪にあたります。客席の後ろから眺めていると奈良岡さんに似てらっしゃいます。

腹式呼吸なのでマイクなしでOKって感じのお声で、いろんなことを楽しそうにいっぱいお話してくださいました。

「何故民藝だったの?」の問いには、「叔母の奈良岡が民藝に居たので観賞会みたいなのにやはり家族を誘うわけで、民藝の芝居しか見たことなかったです」

とか、翻訳劇の限界・・・演じてる日本人を”ジョニー”とか”キャシー”とか呼んだりするとお客さんって引きません?やっぱりジョニーには見えないですよねぇ、日本人は。

とにかく歯に衣着せぬお話は楽しかったです。

そして「カミサマの恋」のポスターとチラシの絵が違ってると言う質問に、題材になってるのは奈良岡さんのお父様・・・丹野さんのおじい様の絵を遣ってるそうで身内のものなので安く上がったので奮発して2種類作られたという裏話まで聞いてしまいました。

翌日は山口でも2講演だそうで・・・ご苦労様です。
by yamazaki_1718 | 2012-07-19 23:09 | 舞台 | Comments(0)

夏だ~~!

今日は久しぶりに朝寝したのですが、起きてのんびり朝食を食べた頃から・・・暑いなぁ。

でもせっかくのお休み、、、ですが、やっておかなくちゃぁいけない家事やら片づけやら草取りやらがいっぱいあって、汗みどろになってしまいました。
昼前にシャワーしてからお昼を食べて・・・休憩。

そう休憩してたのに汗が止まらない、止まらないよぅ。

午後から自転車こいでスポーツクラブに行って泳ごうと思ってたのですが、この暑さであっさり断念。

どうせ汗をかくんだからと、「塩麹」と「甘酒」を生麹で作ってみました。

さて、上手くできてるでしょうか?「塩麹」の出来具合は1週間ほど先ですが、「甘酒」は明日にでも毒味をしてみます。

明日もお休み。嬉しいなぁ。明日はお買い物に出かけます。
by yamazaki_1718 | 2012-07-15 23:02 | 日常 | Comments(0)

踏んじゃうよ

c0210433_22594123.jpg

さくらが大好きな炬燵からチョコッと頭を出してるんですが、炬燵カバーと色が混ざっちゃってるので踏まれそう・・・
by yamazaki_1718 | 2012-07-13 22:59 | Comments(0)

豪雨

このところの九州地方の豪雨・・・本当に激しくて・・・

6月後半の大雨の時も熊本の友人に大丈夫?メールをしたのですが、今回の激しい雨のニュースに心配でメールしたところ、自分のところは高台なので大丈夫だけど市内の一部では白川が氾濫して避難勧告が出てると返信がありました。

旦那のお友達が市内に住んでいらっしゃるんですが、1階は車庫で仕事場と住宅は2階より上なので心配ないだろうって・・・旦那は心配してませんでしたが・・・大丈夫かなぁ。

明日も九州地方ではかなり降るそうで、、、お住まいの方はご用心くださいね。

比べて岡山は、降りません、昨日も今日も。ただ湿度はムチャ高くて、少し動いただけでも汗が流れおちます。昨夜は外食だったので(これも波乱万丈の食事会でしたが)クーラーのお世話にならなくて済みましたが、今日は無理、辛抱できませんでした。
この夏初めて自宅ではクーラーをつけました。クーラーなしでは料理なんてする気にもなれません。

九州の豪雨がこちらにも来るのかとも思ったのですが・・・来ないみたいですね。

岡山って災害が少なくって・・・晴れの国とも言われてますし、台風や地震、豪雨ともあまり縁がないです・・・東日本大震災以降、岡山に引っ越して来られる方が多いらしく、近くの小学校では児童が増えすぎて教室が足らなくなっているそうです。

九州の方には申し訳ないですが、、、本当に幸せです。
by yamazaki_1718 | 2012-07-12 23:16 | その他 | Comments(0)

「闇に咲く花」

今夜は岡山市民劇場の7月例会、こまつ座の「闇に咲く花」を観劇してきました。

今年の例会作品の中では最高に良かったです!  いいお芝居を観れたなぁと満足感いっぱいで帰宅しました。

<あらすじ>  進駐軍の占領下で今日を生きていくために人びとは闇の売り買いに必死だった。
 一人息子の健太郎を戦地で亡くした愛敬稲荷神社の神主・牛木(辻萬長)も近くに住む五人の未亡人とお面を作って暮らしを立てていた。
そんなある日、死んだと思っていた息子の健太郎(石母田史朗)がひょっこりと帰ってきた。
境内に笑顔がはじけ、健太郎の親友・稲垣(浅野雅博)たちと喜びをわけあっていた。しかしそんな喜びもつかの間・・・

こまつ座ではお馴染みの井上ひさしさんの作品です。井上さんのお芝居はどれもその根底には「反戦」の心が流れています。
でもちっとも堅苦しさは無いんです。笑わせて、笑わせて、、、ふっと哀しくなる。笑って笑って、、、「戦争って嫌だ」って感じさせられる。
今を、この一瞬の時を人々は無我夢中に逞しく生きている。でもその中で「戦争」の悲惨さを忘れてはいけないと、語り継がなくてはいけない、忘れた振りをしてはいけないと訴えるのです。

息子役の石母田さん、その友人の稲垣役の浅野さんの一生懸命さ一途さも良かったですが5人の未亡人の中の一人を演じられた山本道子さんがすっごく印象に残りました。弾けていて最高でした。

行けるならもう一回見たかったのですが・・・行ける日がありません。
ソワレを観る人が少ないので1ステージがマチネになったのが残念。
by yamazaki_1718 | 2012-07-10 23:12 | 舞台 | Comments(0)